健康への取り組み

 ランドキャリーでは、社員一人ひとりが安全でかつ健康で安心して働けるよう 健康診断をはじめ、さまざまな健康増進への取り組みを行っています。

入社時、雇入れ健康診断


雇用後、年一回 定期健康診断


特定業務従事者(深夜業に従事する者)の健康診断 半年に一回


健康診断の結果に異常があった場合 再検査・精密検査(費用は全額会社が負担)

◎産業医のサポートも充実!



睡眠時無呼吸症候群(SAS)スクリーニング検査 3年に一回

◎SASに掛かる費用 簡易検査・精密検査、更に通院の必要と診断された方の費用は全額会社が負担!!


現在、睡眠時無呼吸症候群(SAS)治療費について

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療費について




ストレスチェックの実施 年一回

ストレスチェック


インフルエンザ予防接種 毎年(費用は全額会社が負担)

インフルエンザ予防接種



脳梗塞・心臓病を起こす危険性が高いと判断された方には、必ず二次検査の【脳ドック】を会社負担にて受診。高額な費用の負担も全く心配ありません。

☆☆☆脳ドックの必要性☆☆☆

脳ドックとは、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)などの脳の病気を発見する為に行われる健康診断の一種です。

主な検査項目は、頭部MRI(脳実質撮影)、頭部MRA(脳血管撮影)、頚動脈エコーなどの画像検査を基に、血圧、心電図、血液検査などの結果を総合的に判断します。

  ◆どのような方が脳ドックに行くべきか?
        ・血圧やコレステロール値が高い方
        ・頭痛などの自覚症状がある方
        ・糖尿病、肥満気味な方
        ・家族に脳卒中になった人がいる方
        ・物忘れが最近激しいと感じる方   など・・・

脳卒中は、現在日本の死因の4番目を占めています。
脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などを発症すると、命をとりとめた場合でも高い後遺症を残し65歳以上の高齢者の4割弱が寝たきりになると言われています。その為、個人差はありますが、脳疾患には自覚症状がほとんどないため、脳ドックでの早期発見が必要なのです。

生活習慣の改善に向けた特定保健指導(保険師さんとの個別面談)も実施しています。

◎栄養バランスを考えた食事指導や、ストレッチなどサポートは万全!

特定保健指導 特定保健指導員




当社独自の健康管理システムでの健康チェックを常に実施しています!

株式会社ランドキャリー・LAND健康管理システム



アルコール検査に連結した、血圧計の導入(平成30年度)

◎血圧は毎日、測定値を自動記録し管理をしています。

血圧チェック

すべての人々にとって【健康寿命の延伸】は大きな目標であり【健康】であり続けることが、社会的課題解決のひとつの方法であると考えられます。
これからも、すべての従業員の心身ともに【健康】であることを目指し、さまざまな取り組みを通して、企業としての社会的責任を果たしてまいります。